ワークフロー、勤怠管理、販売管理のシステムを導入しよう

概要

workflow

ワークフローとは企業が日頃行っている手続きの業務を図に書き表し、効率化したものの事をいう。
業務の流れを図に起こす事により、全体を見通す事ができ、情報を共有する事ができたり、業務がより効率的になるのである。

メリット

社内で行われている申請業務を図に書き出す事により、無駄な行程や効率性の低い部分を見直す事が可能になる。
これを見直す事により業務をより円滑に進める事ができるのである。
それと同時に業務内におけるケアレスミスを防ぐ役割も期待できるのである。

ワークフローのシステムを導入する事により、申請業務の開始から承認に至るまでの時間を削減する事ができる。
これまでの紙面での申請であれば、その受け渡しに時間がかかるケースもあるが、電子化する事により離れているところであっても時間を要する事なく対応する事ができるのである。これにより申請書が円滑に回す事が実現するのである。

またシステムを書面から電子化に変更する事により、書面の作成ミスや入力事態のミスを軽減する事ができる。

ワークフローツールの特徴

denshitool

ワークフローを電子化するワークフローツールには共通していくつかの特徴がある。
まず、業務を図式に表す際のフォームは自社で作る事が可能である。これにより使用しやすいフローを作る事ができる。

また、申請書の承認の過程を設定する事ができる。企業によって承認に至るまでに踏む段階というのは違うものであるから、独自で設定できなければ意味を成さないからである。

ワークフローツールでは申請書の流れの全体を見る事ができる。これにより進捗の状況を速やかに知る事ができるのである。

ニュース

2013/10/15
社員の管理を更新しました
2013/10/15
定義を更新しました
2014/01/14
管理会計を更新しました
2014/01/29
バリューチェーンを更新しました
2014/02/13
顧客管理を更新しました